野菜嫌いの子に試したい3つの工夫♪

今回はわたしがママたちから聞いた「野菜を食べさせるときの工夫」と、
保育園勤務時代に取り入れていた「食育」をプラスして、
「野菜嫌いの子に試したい3つの工夫」を紹介したいと思います。

1.食卓を楽しくする

・型抜きを使って、人参や大根をかわいくアレンジ♪
・ゴーヤーやピーマンは薄くスライスして、気分があがるピザトーストに♪
・ごっこ遊びを取り入れる♪
(例:「今日はフレンチ料理です♪」と言って、野菜→スープ→メイン→デザートの順番でコース料理風にする。スプーンやフォークをそれっぽく並べるとより楽しい♪)

2.自信につなげる

・野菜を細かく刻んでハンバーグやカレーに入れる。

・食べたあと、実は野菜が入っていたことを伝える。(ドッキリ風にするとだまされた感がしちゃうので、あえて自然に)

・野菜食べられたね、すごいね、と褒める。(野菜を食べることができたという自信につながります♪)

3.親しみをもたせる

・ピーマンやトマトなど、家庭菜園しやすいものを一緒に育てる♪
・子どもが食べなくても、毎回食卓に野菜を並べて大人がおいしそうに食べる♪
・トマトのヘタを取る、玉ねぎの皮をむく、キャベツをちぎるなど、子どもができる範囲でたくさん野菜に触れさせる♪

子どもの味覚はすごい!
実はおなかの中にいる頃から、赤ちゃんの味覚は発達していると言われています。新生児でも甘味、苦味、酸味だけでなく、甘さの程度まで区別することができます。味覚は、大人よりも子どものほうが敏感です。
味覚の発達は、危険から身を守るために重要な役割を担っていて、たとえば苦味は「毒」、酸味は「腐敗」として直感的に認識します。苦いものを口にして「べー」と出しちゃうのは自然な行為なのです。

いかがでしたか?
野菜は無理やり食べさせるものではないですが、できればいろんな食材に触れて、好き嫌いをなくしていきたいものですよね。
・食卓を楽しくする
・自信につなげる
・親しみをもたせる
これらの工夫で、少しずつ野菜に慣れていくと思いますよ♪

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました